アメリカはすべてが凄い!

ハーレー本場 アメリカはすべてが凄い!

本場アメリカ

ハーレーのカスタムは世界的に広まっている趣味ですが、中でもアメリカのカスタム技術は抜きん出ています。
これはハーレーが誕生したアメリカの地理的な事情が大きく関わっているためです。

アメリカは国土の多くが砂漠や荒野であり、人口も殆どが一部の都市に集中しています。砂漠や荒野の中に少人数の集落が点在する程度で、他の殆どの地域は無人です。
そのような中で立ち往生してしまうと、文字通り命の危機に見舞われてしまいます。アメリカのハーレーのカスタム技術は趣味や遊びの一環ではなく、過酷な環境の中を無事に走り抜けるための命を守るための改造なのです。

アメリカのカスタム技術は見た目の美しさを保ちつつも、走行性能を大幅に向上させることを重視しているのが特徴です。
限られた燃料を効率的に消費し、力強くも無駄の無い走りを維持するのが基本とされています。そのため、カスタマイズ用のパーツも見栄えの良さや耐久性を維持しながら軽量化を図っているのが、他の国には無い特徴です。砂漠や荒野の中にはガソリンスタンドもバイクショップも無いので、長距離を走ってもガス欠や故障が起きない工夫が不可欠とされています。

その一方で実用性を重視しながらもおしゃれで見栄えが良いデザインを損なわないように気を配っているのもアメリカのカスタム技術が最高と称される所以です。

命がけのツーリングであっても楽しさを見い出すことを忘れないアメリカ人の気質をハーレーのカスタム技術が示しています。