ハーレーの代名詞 三拍子

ハーレーの代名詞である三拍子を楽しむ回転数

回転数

バイクに乗る人にとってハーレーダビットソンは憧れのマシンといえるでしょう。

そのハーレーの代名詞である三拍子は、昔ながらのハーレーを彷彿とさせ、音を聞いただけで「あぁ!ハーレーだ!」と感慨に浸る人もいるとか。

しかし、そのハーレーの代名詞である三拍子も現行モデルでは、製品としての精度も上がり、不等間隔燃焼が聞けなくなってきました。

少し前なら、止まるか止まらないかのエンジンの回転数で不等間隔を起こし、三拍子を再現することもできていたようですが、フューエルインジェクションになってからはは別途パーツなどを取り付ける必要があるようです。

また、意識的に回転数をいじることは、本来の性能を変えるわけですから、少なからず、エンジンや駆動系に影響が起きるかもしれません。また、エンジンが温まると油圧の関係で回転数が上がり、理想の鼓動とサウンドが聞けなくなることもあります。

さらには、人それぞれ三拍子のこだわりが違い、マニアックな人になると深い深い、カスタマイズの沼に陥るようになるそうです。

ですが、ハーレーダビットソンを愛するならば、そこに妥協はいりません。最高のパートナーに仕上げるべく、末永くハーレーと付き合ってみてはいかがでしょう。